フィルハーモニック・コーラス ブログ

東京都世田谷区で活動する20代~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

団員紹介ブログ5「パートリーダーは大学生」ベース氣駕さん

今日もフィルハーモニック・コーラスのブログにお越し下さいましてありがとうございます。沫千代です。

フィル唱は有志による合唱団です。18歳以上であれば、どなたでも入団して頂けます。比率としては社会人が多いのですが、そんな中でパートリーダーとして活躍する学生団員に今日はお話を聞いてみたいと思います。



団員プロフィール
ベース氣駕さん
2016年入団。大学で教育学を学ぶ若きベースのパートリーダー。クラシック以外で好きな音楽はクイーン、Jポップだとスピッツ松任谷由実。中高の部活は、テニスと囲碁。好きな食べ物は梨。



動画:第6回演奏会「合唱幻想曲」
氣駕「演奏会で歌った讃歌と合唱幻想曲は特別です。関連する所でいうとメンデルゾーンのピアノコンチェルト1,2番が好きです。」

---入団以前の合唱経験について教えてください。
本式の合唱は小学生の頃以来です。

---学内にも合唱団や、他のサークルがたくさんあったと思いますが、どうして学外の社会人合唱団の門を叩いてみようと思ったのか、お話を聞かせてください。
クラシック音楽に携わりたいと人生で初めて感じたのが大学2年生の途中だったので、社会人になっても続けられる環境に惹かれました。あと合唱は初心者でも親しみやすいジャンルだと思っていました。

---大学ではサークルには入らなかったのですか?
ゼミのようなものに参加していましたが、サークルはあまり面白いと思えず、ほとんど行かなかったです。

---合唱をやろうと思ったきっかけについて教えてください。
小学校の頃、歌を歌うのが楽しかったという思い出と、クラシックではないですが高校生の頃Greeというミュージカルドラマがとても好きだったことから、合唱へのあこがれがありました。

---実際フィル唱に見学に来た時の印象はどうでしたか?
大学生のみの環境にはない、新鮮な雰囲気を感じました。音楽に対するまじめな姿勢が印象的でした。

---フィル唱で合唱をやろう!と思った決め手は何でしたか?
入団理由は現在から振り返れば色々言えそうですが、色々な要素を勘定した結果というよりはむしろ縁のようなものを感じたというか、直観のようなものだったと思います。

---初めてのオーケストラコンサート出演はどうでしたか?
歓びの一言だとおもいます。本番直前のオーケストラとの合わせ練習での生演奏初体験も衝撃的で、この歓びを知らずに暮らしてきた過去への後悔も含みつつ、喜びに陶酔するひとときでした。


演奏会後の余韻の中、花束を持ち帰る氣駕さん。お花はお世話になった合宿所からのお心遣いで頂きました。

---パートリーダーとして迎える次回演奏会に向けての意気込みをお願いします。
初めて歌った時に感じた歓びを忘れず、常に新鮮な気持ちで練習に臨みたいと思います。
そしてそういう気持ちで歌えるパート、団づくりにリーダーとして貢献したいです。

---これから見学に来られる方へひとことどうぞ!
新しく物事をはじめるときは色々な不安が絶えないのが常です。色々考慮しだすと踏み出しにくくなりますし、全ての条件が完ぺきな環境などどこにもないと思います。もしこの団のページやブログを読み、心のうちに何か湧き上がる「音」を少しでも感じたら、何も考えず、是非一度練習にお越しください。お待ちしています。

---このブログを読んでいる学生の方にひとことお願いします。
ある物事に興味をもったり好きになったりするタイミングは人それぞれだと思います。
そうした気持ちに素直になれば、大学のいつの時期であっても何か始めることは可能です。
そして社会人の団は学生のみの環境とはまた一味違う良さを持っていますよ。

---ありがとうございました!

                                                          • -


フィル唱には氣駕さんはじめとした学生の方はもちろん、学生時代に入団して、社会人になっても続けている団員が何人もいます。そんな先輩たちや、全く違ったバックボーンの社会人の人たちと一つのものを目指すなんて、なかなかできないワクワクする経験なのではないでしょうか。学生の皆さんの見学、一同心よりお待ちしております。

\見学会のご案内/

10月27日(土)18時30分〜21時00分
野沢区民集会所(googleMAPが開きます)


最寄駅:東急田園都市線駒澤大学

※他の(水)(土)の日程も歓迎です!どうぞご相談下さい♪

▽見学のお申込み▽
http://ph-ch.com/visit.html


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪

団員紹介ブログ4「“20代中心”なんて気にせず、もっと早く見学すればよかった!」ソプラノ宮崎さん

本日もフィル唱ブログにお越しくださいまして、ありがとうございます。ソプラノの沫千代です。

本日はフィル唱の見学前のご相談として最も多い「○○歳でも大丈夫ですか?」というご不安を解消する一助になればと思い、見学前に同じ不安を抱えていた、ソプラノの宮崎さんへのインタビューをご紹介いたします。

宮崎さんの楽譜カバー
宮崎「楽譜は、パリの地図が描かれた紙をカバーにしました。対訳はファイルに綴じて、水玉模様の紙を表紙に。さまざまなペンを使って、書き込みしています。」


団員プロフィール
ソプラノ宮崎さん
2016年春入団。雑誌の編集→WEBの編集→洋菓子・パン・生地の販売を経験し、現在はアパレルのバックオフィスとして勤務する40代。好きなことは、編みものやソーイングなどものづくり。わりとDIY派。
合唱団ではパートマネージャーを担当し、パートメンバーのよき相談役。中学時代は軟式テニス部。高校時代は帰宅部。本人いわく「今まさに、遅れてきた青春を味わっています」と。フィル唱で歌った中で思い出深い曲は『Dona Nobis Pacem』。

動画:『Dona Nobis Pacem』
宮崎「初めてフィル唱を見学した際に練習曲として歌った曲です。わずか24小節の古くからあるカノンなのですが、シンプルながらとても美しく大好きになりました。この曲を通して、みんなで音楽を奏でる素晴らしさを実感したというのも、入団即決の一因だったかもしれません。」



---フィル唱入団以前に何か音楽はされていましたか?
楽器は、子供の頃にピアノを数年とオーボエをほんの一瞬習っていました。大人になってからはドラムを数年習いました。
歌は、高校の音楽の授業で三年間やっただけです。合唱の好きな先生で、音楽の授業と言っても延々と合唱だけの授業でした。その頃、夢中で歌っているうちに音楽に合わせて自然に手が上がり、びっくりしたことがあります。意識はあるのに無意識に体が動いた、というのが本当に驚きで、「音楽ってすごいんだな」と身をもって感じた印象的な出来事です。以来、卒業したあともまたどこかで歌えたらいいなと考えていました。

---フィルハーモニック・コーラスを知ってから見学するまでにちょっと勇気が要った、と伺っています。
実は、見学申し込みをする何年か前にも、一度、地元の広報掲示板で「フィル唱」のチラシを目にしていました。オーケストラとともに大曲に挑戦するというのにとても惹かれたのですが、「20代」中心とあったので断念しました。そのときは「20代だけで集いたいサークルなのかな」と思ってしまったんです。
二度目に近所で団員募集のポスターに遭遇したときは、「20〜30代」という表記があり、丁度、高校の授業での楽しかった記憶を思い出していた矢先だったので、「今度こそ!」と思い、WEBサイトにアクセスしてみました。
そうしたら、翌日に自宅から歩いて数分の会場で練習があることがわかったので、即座に見学を申し込みました。

---実際フィル唱に見学に来た時の印象はいかがでしたか?「フィル唱で合唱をやろう!」と思った決め手は?
参加してみたら、練習前の体操など身体を動かすことも含めとても楽しく、皆さんまじめで、熱心に教えてくださり、すぐに馴染めそうだなと感じました。
心配していた年齢の面ですが、実際は30代40代の人も多く、60代の方も活躍されていて、最初にチラシを見たときに見学していれば、もう少し早く始められたなと、後悔しました。
見学の際、自己紹介がひとことあるのですが、私は自己紹介が大の苦手で、二回目のときは「もう入団を決めています!」と主張してそのまま入団してしまいました。。

---そうだったんですね!(笑)初めてのオーケストラコンサート出演はどうでしたか?
私が初めて出演したのは2017年9月の第6回演奏会。演目はメンデルスゾーン交響曲第2番≪讃歌≫」でした。正直なところ本番よりも、初めてオーケストラと合わせたときのことのほうが、忘れられません。一つの空間に楽器と声が合わさって、空気が振動するあの感じ。感動のあまり泣きました。
そして、名前を聞くだけだったメンデルスゾーンという人。フィル唱に入らなければ、一生興味を持たずにいたかもしれません。当日お配りするプログラムの編集係を務め、彼についての文章を書いたことでより身近に感じるようになり、『讚歌』は私にとってとても大事な曲になりました。

---次回に向けての意気込みをお願いします。
曲の練習を進めるにつけ、ベートーヴェンへの興味がいや増しています。激情的な人と言われていますが、本当にそうだなと感じます。合唱に励んでいる人たちの多くがいつか歌いたいと憧れている『ミサ・ソレムニス』。いかに歌い切るか、歌い終わった後にどんな世界が見えてくるのか、楽しみでなりません。そして、聴きに来てくださるお客さまに、曲を通じて私たちが日々得ている感動の一片でも伝えられたらと願っています。

---これから見学に来られる方へひとことどうぞ!
このブログをご覧くださっているということは、フィル唱で歌うことに、相当な興味を持っていただいている証拠!ぜひあともう一歩、踏み出してみてください。練習会場でお会いできるのを心待ちにしています。

---ありがとうございました!

                                                        • -

フィル唱は「クラシック音楽に初めて出会ったひとの、新鮮なときめきを何より大切にしたい」という思いから≪20代中心混声合唱団≫と冠して活動をしていますが、入団に際して実年齢の制限はなく、宮崎さんもインタビューの中でお話してくれていますように、現在いろいろな年代の人が活躍してくれています。

象徴的なエピソードを一つご紹介します。
フィル唱は最近、団員募集ポスターをリニューアルしまして、作成する際、キャッチコピーを何にするのか、団員で頭を付き合せて考えました。

「#20代 #30代 #クラシック」という案もあったのですが、

「私たちと新鮮に歌ってくれるなら年齢は関係ないよね」
「20代“中心”って書いてあっても、それ以外のひとはすごく敷居高く感じちゃうよ」

などなどの意見が上がり、最後はこのような形になりました。

「私の青春は、今始まったのだ」これはベートーヴェンが権力者のために音楽を書く職人から、自分のつくりたい音楽をつくる、フリーランスの芸術家として歩みだしたころの言葉と伝えられています。実年齢的には壮年期だったかもしれませんね。

青春だ、と思ったときが、きっと青春です。

私たちと一緒にベートーヴェンの音楽に夢中になっていませんか?
音楽は懸命に近づこうとすれば、必ず応えてくれます。

感動のオーケストラコンサートを、一緒に体験しましょう♪

\見学会のご案内/

10月27日(土)18時30分〜21時00分
野沢区民集会所(googleMAPが開きます)


最寄駅:東急田園都市線駒澤大学

※他の(水)(土)の日程も歓迎です!どうぞご相談下さい♪

▽見学のお申込み▽
http://ph-ch.com/visit.html


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪

団員紹介ブログ3「シフト勤務の俺も通ってます」ベース藤原さんの紹介

本日もフィル唱ブログにお越し下さいましてありがとうございます。ソプラノの沫千代です。

昨日は合宿で見た富士山をご紹介しましたが、、、

今回は、フィル唱の“フジさん”といえばこの方。ベースの藤原さんの紹介です。

合宿で味噌汁をよそってくれる藤原さん。(´-`).。oO(温かみしかない

藤原さんは警備員としてシフト勤務をしながら合唱団に通っていらっしゃいます。
「合唱やりたいけど、カレンダー通りの勤務じゃないからなー…」とお悩みの方に読んでいただきたいインタビューです。

それではお話を伺ってみましょう♪


団員プロフィール
ベース 藤原さん
2016年3月入団。アラフォー世代。小さいころは野球少年。守備が得意でポジションはサード。球場でもコンサートホールでも頼れる縁の下の力持ち。音楽はジャンル問わずなんでも大好き!好きなドラマは「相棒」(2時間ドラマだったときからのファン)。医龍シリーズは音楽も含めて好き。好きな食べ物はかつ丼としゃぶしゃぶと和菓子。

---合唱団に入る以前に楽器や合唱など音楽は何かされていましたか?
楽器は高校3年生と大学1年生の時に吹奏楽部のパーカッション(打楽器)パートをやっていました。
歌は、高校3年生の時に選択科目の音楽で、1年間ベートーヴェンの第9を勉強したのですが、学期末テスト時にテノールパートの1部分だけを 1人で歌わされた緊張や恐れは覚えているものの 肝心の歌は忘れていて・・・(笑)

---合唱団を見学してみようと思ったきっかけを教えてください。
フィル唱で活動している友人からの誘いで見学しました。

---実際フィル唱に見学に来た時の印象はいかがでしたか?
しっかりと練習するのでまず驚きました。
本気度の高い部活みたいで大変そうだなと思いました。

---それでもフィル唱で合唱をやろう!と思った決め手はなんでしたか?
練習に参加してみて、学生時代に本気で取り組まなかった部活ってやつを、おっさんになってからやりたくなってしまったからですね!(笑)

---初めてのオーケストラコンサート出演はどうでしたか?
演奏会のレセプション(打上げ)の責任者だったことと、初めて大曲を覚えて歌うということとで、正直いろいろ大変だったけど、 達成感や心地良い疲労感を味わえました。 「マジでやるってのはこういう事だな」と思えました。

---シフト勤務で土曜日の夜を定例練習日としている合唱団への参加はご苦労もあると思いますが、工夫していることがあったら教えてください。
同僚に頼んで休みや勤務のシフト調整してなるべく多く参加しています。思い通りのシフトにならないこともあるのですが、色々予定をずらして 遅刻してでも練習に行ける様にしています。あとは、指揮者の先生が指導にみえる大事な練習日は確実に休むべく前々から事業所内で画策しています(笑)

---次回演奏会に向けての意気込みをお願いします。
土日休み勤務の方に比べればどうしても参加できる練習日は少ないですが、1回1回の練習を集中して行い、自分の中に音楽をしっかりと取り入れて本番に臨みます!

---これから見学に来られる方にひとことお願いします
練習していればフィル唱の良いところが少しずつ見つかって楽しくなるはずです。
どうしようかなとか無理だなとか思っても見学ついでにひとまず団員になっちゃって、練習参加しちゃいましょう。

---ありがとうございました!

                            • -

フィル唱は特定の企業や学校、自治体に属さない、私立の合唱団です。そのため多種多様な職業、生活環境の方がその門をたたき、通われています。団員はそれを相互に理解し、補い合って音楽づくりを積み重ねています。

出席ノルマというものはありませんし、
練習内容の報告メール
各パートのメロディを打ち込み音源にした「音取音源」の配布

なかなか参加できないメンバーの出席を優先にしたパート練習
などのサポート体制があります。


dropboxを利用して、音取音源を共有しています。

ですから、もしこのブログをお読み頂いている方の中で、「合唱を始めたいけど、現状すべての練習には出られないかも…ついて行けるかな…」と躊躇われている方がいらっしゃいましたら、一回いろんな心配は横に置いて、まずは一度見学にいらしてみてください。

続ける元気と勇気は、毎回の練習で音楽と仲間に出会ったときに受け取るものだからです。今もっていなくても大丈夫。

藤原さんの仰るように、まずは歌ってみちゃいましょう♪


ご一緒できること、一同心より願っております!

\見学会のご案内/

10月27日(土)18時30分〜21時00分
野沢区民集会所(googleMAPが開きます)


最寄駅:東急田園都市線駒澤大学


※他の(水)(土)の日程も歓迎です!どうぞご相談下さい♪

▽見学のお申込み▽
http://ph-ch.com/visit.html


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪

強化合宿2018

今日もフィル唱ブログにお越し下さいましてありがとうございます。ソプラノの沫千代です。
またも暑さがぶり返したこの三連休。皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
私たちフィル唱は、強化合宿に行ってきました!

場所は河口湖。台風大荒れの予想を覆した台風一過で、富士山がくっきりと拝めました!

withバーミャン


「富士山見えたー!」と沸き立つフィル唱メンバーの図



合宿のスケジュールはこんな感じです。

<1日目> 7:30 新宿集合
8:14 新宿出発 ホリデー快速富士山号 1号
10:28 河口湖駅 到着
11:00 リゾートイン富士橋 着
11:15 練習
12:30 昼食
13:15 練習
17:50 練習終了
18:00 夕食
18:45 ミーティング 参加団員の自己紹介など
19:45 練習
21:00 練習終了
21:00 入浴、パートでリズム読みなど練習
23:00 就寝

<2日目>
6:30 起床
※起きられた人は河口湖にお散歩に行く
7:30 朝食
※練習までに寝具や荷物の片付けを済ませる
8:15 練習
※昼食までに荷物をまとめて食堂に集合
12:00 昼食
12:45 練習
15:00 練習終了
※速やかに会場片付け
15:15 写真撮影
15:25 出発
15:45 河口湖駅
16:00 ホリデー快速富士山号2号 乗車
18:04 新宿着

ぎっちり!

2日で12時間の練習量。正に部活ですね。
ちなみに飲酒厳禁です^^

友だちにこのスケジュールを言うと、「疲れない?」って言われるんですが、
練習終了後の集合写真がこちら。

いかがでしょうか。意外にみんなスッキリした表情に見えませんか?

富士山麓のおいしい空気と水のおかげ?

フィル唱に入ってよかったこととして、団員から「何かに打ち込むのってこんなに気持ちいいんだな思いました」との声が上がることがあるのですが、もしかしたら打ち込むことによる浄化作用って、あるのかもしれませんね。

個人的に、演奏会の翌日とかも謎に元気なことが多いです。

マチュアの合唱団なのでバックヤードもほぼ自分たちでやるから結構バタバタなんですけど、極限に集中した時間のあとはホルモンとか脳内麻薬とか出てるんですかね〜。不思議。


フィルハーモニック・コーラスでは私たちと一緒に音楽に打ち込んでみたい仲間をまだまだ募集しています。

「ベテランばっかりなんじゃないかな?」
「今から入ってなじめるのかな?」

と不安な方、安心してください。

こちらの写真で立っているのは今回が合宿初参加のメンバーです。
ほぼ同期といえる、僅差の先輩がこれだけたくさんいます。

次回演奏会は2019年6月30日(日)。
一緒に、オーケストラコンサートを目指してみませんか?

見学は複数回していただけますので、
オトナになっても部活したい人!青春したい人!まずは一度見学にいらしてください。

もちろん現役の学生さんも大歓迎です!!

お待ちしております。

\見学会のお知らせ/
10月27日(土)18時30分〜21時00分
野沢区民集会所(googleMAPが開きます)

最寄駅:東急田園都市線駒澤大学

※他の(水)(土)の日程も随時見学可能、歓迎です!どうぞご相談下さい♪

▼見学のお申込み▼
http://ph-ch.com/visit.html

▼団の詳細▼
http://ph-ch.com/

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪

団員紹介ブログ2「○○県在住だけど通ってます!」社会人一年目・井上さんの紹介

こんにちは。今日はひんやりとして秋らしい季候ですね。
今日もフィルハーモニック・コーラス(=フィル唱)のブログにお越し下さいましてありがとうございます。ソプラノの沫千代です。



今週から始まりました、団員紹介を通じて見学前の不安を解消!シリーズ。
(第1回「見学申し込みの前の質問もお気軽に!」お問合せ担当青木さんの紹介)



連載第2回は、
「世田谷区在住・在勤じゃないけど浮かないかな?」
「学生でもなじめるかな…」
というご不安のある方に読んで頂きたい、ソプラノ・井上さんへのインタビューです。

井上さんは大学在学中に入団。就活中も忙しい合間を縫って団を続け、現在は社会人1年目、
しかも勤務地&居住地は群馬!という環境の中、合唱を続けています。

引用元:http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000018

距離にめげるどころか、「楽しい〜!水曜日も練習に出たい〜!」「合宿が楽しみすぎて、合宿委員に立候補しちゃいました!」という彼女に、団員みんなが励まされています。それではフィル唱の元気印井上さんにお話を伺います。


団員プロフィール
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ソプラノ 井上さん
2016年8月入団。自動車関連のメーカー勤務。週末ごと片道2時間以上かけて練習に通っていて、会場にスーツケースを引いて現れることも。中学はダンス部、高校は陸上部。当時の体脂肪率一桁台というバリバリの元運動少女。いちばん好きな楽曲は、フィル唱の演奏会初出演で歌ったメンデルスゾーンの「讃歌」。好きな作家は東野圭吾。三食毎日カレーでも良いほどのカレー好き。

動画:フィルハーモニック・コーラス第6回演奏会
メンデルスゾーン交響曲第2番≪讃歌≫」より抜粋

---入団前の音楽経験について教えてください。
さいころからピアノをやっていましたが、合唱は学校のクラスで歌ったことくらいしかありませんでした。

---井上さんがフィル唱を知ってから見学に来るまでのお話を聞かせてください。
初めて知ったのは、チラシをもらった2013年(大学1年生のとき)。
合唱が好きで、高校の頃合唱コンクールでの燃えた思い出が忘れられない私は、「楽しそう!」と魅力を感じました。
しかし現実的に見学にはいたらず。というのも、勉強、バイトやサークルに毎日が忙しく、落ち着いて時間がつくれなかったのです。
大学3年の時、1年間ドイツへ留学に行ったのですが、「帰国後は新しいことをしたい」と考えて、 一番に思いついたのが、留学前はなかなか行動にうつせなかったフィル唱への入団でした。そこからどんな団か、ネットで調べて(ドイツから!)予習して、 帰国がある意味楽しみでした。帰国後の次の土曜に早速、他の予定は入れず見学へ行きました。

---時間が経ってからの見学、勇気が必要だったのかな?と思いますが、見学に行こうと思った決め手はなんでしたか?
ホームページやブログを読んでよく予習していたので、怖くはありませんでした。
それよりもワクワクの気持ちが大きかったです。

---フィル唱に見学に来た時の印象を教えてください。
予想通り、制度も練習もしっかりとした団体で、あたたかく迎え入れていただき安心しました。

---フィル唱で合唱をやろう!と思った決め手はなんでしたか?
他ではなくここなのは、初めに知ったのがフィル唱だからかもしれません。
が、決め手は、団員皆さんの人柄がよかったことと、練習に真面目な雰囲気と、情熱をもってひとつの音楽を作り上げる団結力が感じられたからです。

---現在はお仕事のご都合でお引越しされ、毎週末群馬から通われていると伺いました。井上さんがフィル唱に通い続ける理由について教えてください。
一度演奏会の舞台に立ってしまうと、その素晴らしさ、大きなホールで一年以上かけて練習した作品を歌う感動を忘れることはできないのです。
通い続けるのは、仕事は仕事で楽しく忙しくやっていますが、週末はフィル唱に行く!という切り替えができるおかげで充実した生活となっているからですね。
みんなで練習したあとの、少しずつ作品が作り上げられていく達成感は、「また来週も来よう、練習に。みんなに会いに。」の気持ちを高めてくれます。

---今月の合宿では、合宿の幹事(合宿委員)に立候補してくださっていますね。前回の合宿は就活との折り合いがつかず参加できなかったため、初参加となる今回の合宿。意気込みをお願いします。
前回は泣く泣く不参加となり、悔しい思いをしたので、フレッシュな気持ちで挑みたいと思います。
いつもとは違う環境で集中して沢山歌えたら、もっと曲への理解が深まり、練習が進むと思うと、とても楽しみです。

---これから見学に来られる方へひとことお願いします。
もし迷っていたら、一度足を運んでみてください。色々なキャラクターの人がいて、話すだけでも面白いです。
私のように、「あとでいいや(3年もためました)」ではなく、すぐに見学に来てみてください。来て初めてわかることもあります。
学生も社会人も、忙しい生活の中でフィル唱がキラリと光るエッセンスになることは保障します。
一緒に歌える仲間をお待ちしています!


---社会人1年目の先輩から学生の皆さんへメッセージがあればお願いします。
サークルに入り損ねた人、合わなくてやめてしまった人、合唱をやりたいけど学校だとちょっと恥ずかしい人、そんな人にもお勧めです。
昨年フィル唱の学生で集まって、なんでこの団にいるか、で盛り上がったのですがそのときのお話を。

皆さん大人で働いているからこそ、過剰にプライベートには入り込まず、敬意をもった関係性が出来上がっています。
それは距離があるという訳ではありません。
学生に特徴的なマウンティングのようなものは全くなく、気軽に関われます。
それぞれが持つバックグラウンドはバラバラですが、どんな人とも一緒に歌う「仲間」です。
歌が好きでなくても何かに一生懸命取り組みたい人、初心者歓迎ですので一緒に歌いましょう。

----ありがとうございました!

練習会場が世田谷区の公共施設なので、見学の方から「みなさん会場の近所にお住まいなんですか?」とのご質問をよくいただくのですが、フィル唱には井上さんの他にも、他県から通う団員がたくさんいます。(神奈川方面、埼玉方面、山梨方面、茨城はなんと水戸から通う強者も!

遠くからでも通いたくなるその練習を、ぜひ体験しに来てみてくださいね。


\見学会のご案内/

10月27日(土)18時30分〜21時00分
野沢区民集会所(googleMAPが開きます)


最寄駅:東急田園都市線駒澤大学


※他の(水)(土)の日程も歓迎です!どうぞご相談下さい♪

▽見学のお申込み▽
http://ph-ch.com/visit.html



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪

団員紹介ブログ1「見学申込みの前のご質問もお気軽に!」お問合せ担当・青木さんの紹介

こんにちは。
フィルハーモニック・コーラスのブログにお越し下さいましてありがとうございます。ソプラノの沫千代です。


このブログを読んでいる方の中には、きっと

「合唱かぁ…ちょっと興味あるけど、知らない人ばかりのところを訪ねるのはちょっと不安かも…。どんな人がいるのかな?」

と思われ、覗きに来てくださった方も多いのではないでしょうか。

というのもここのところ、「見学前は不安で、どんな雰囲気なのか、ブログを熟読してから見学に来ました!」という声を最近入団した団員からチラホラもらっていまして。(あんまり更新していなくてすみません…)


ということで!

そんな見学前の不安を少しでも解消できるブログにしよう♪

と考えまして、団員紹介のブログ連を行うことにしました(^v^)。




栄えある第1回目は・・・



フィルハーモニック・コーラス(=フィル唱)に見学を申し込まれた方と
最初に接する団員を紹介します。


見学のお申込みや見学にまつわるご質問への返信を担当している、「お問合せフォーム“中の人”」こと青木さんです。

フィル唱は1つの曲を1年以上練習します。なので思い思いの楽譜カバーをかけて、楽譜は大切に使っています。こちらは青木さんの楽譜カバー。ルイヴィトンのポスターをブッカーで加工されたそう。

団員プロフィール
ソプラノ 青木さん
2008年夏入団。当時30代で現在は…?思いでの演奏会曲はプッチーニ「グローリア・ミサ」。クラシック以外でずーっと好きなアーティストはスガシカオ。最近のお気に入りはエドシーラン。映画はマンマミーアやLA・LA・LANDなどミュージカル映画好き。好きな作家は村上春樹伊坂幸太郎。好きな食べ物はパクチーと麺類。


第4回演奏会 プッチーニ「グローリア・ミサ」
青木さん「大好きなグロリアミサは歌詞が今練習しているベートーヴェンの荘厳ミサ(ミサ・ソレムニス)と同じなので、荘厳ミサのつもりが、気づくとグロリアミサを口ずさんでいます。」



それではお話を伺ってみましょう!♪


---フィル唱入団以前の音楽経験について教えてください。
合唱、音楽経験ともに学校の授業のみでした。大きな声では言えませんが、楽譜はいまだにあまり読めません。

---中学・高校の部活はなんでしたか?
中学はバスケ部
高校はバドミントン部でした。

---どのような職種の方ですか?
管理全般のお仕事を長くやっていました。今は商社で、一応管理職をしています。


---フィル唱を見学してみようと思ったきっかけを教えて下さい。
中学の合唱コンクールで歌った「大地讃頌」が大好きで大好きで。そのころフィル唱ではちょうど「大地讃頌」を練習していて、「大地讃頌」を歌うことが目的で見学にきました。

---フィル唱に見学に来た時の印象を教えてください。
初参加の日は誰とも話さないまま練習が始まってしまい戸惑ったことを覚えています(笑)
でも休憩中や練習後はたくさん話をすることができて、和気あいあいとしていて安心しました。

---フィル唱で合唱をやろう!と思った“決め手”はなんでしたか?
無事に「大地讃頌」を歌えて満足し、見学のみで終わりのつもりでしたが、創設者のお二人自らがとても熱心に誘ってくださることがありがたく、2度3度と練習にきていました。

とはいえまだ入団をするか迷っていたときに、12月に発表会を行うことが発表されて、「楽しそうだなぁ」と思い、続けることを決めました。

長々と申し訳ありません。
なにが言いたいかというと、、、

私は始めるときは「とりあえずやってみようかな」というぐらいの気持ちだったということです。

でも、気づいたら合唱とフィル唱は自分の生活の中で大きな比重を占めていて、とてもとても大切なものになっていました。

その変化はとても幸せなことで、熱心に誘ってくださった先輩方に心から感謝をしています。

もうひとつ、見学にきたときに練習の雰囲気に圧倒される人がいるかもしれないのですが、そこで遠慮しないでほしいということをお伝えしたいです。

最初からやる気満々じゃなくても大丈夫です。楽しそうだなと思えたら、ぜひ始めてみてほしいと思います。

---青木さんは合唱団公式HPの「お問合せフォーム」の中の人(返信をする人)を担当されていますが、だいたいどのくらい数の見学のお申込みやお問い合わせはあるものなのでしょうか。
波はありますが、だいたい10件/月くらいです。
そのうち、お申込みになって実際におみえになるのが約50%くらいです。

---問合せフォームのメールはどんな時間にメールチェックされていますか?
通勤の行き帰りで見ることが多いです。

---事前の質問としてよく寄せられるものにはどんなことがありますか?
30代(40代、50代、60代)だけど大丈夫ですか?という年齢を気にされるお問い合わせが一番多いです。
「もちろん、大丈夫です!年齢は問題ありません。歌いたいという気持ちがあれば何歳でも大歓迎です!」とお答えしています。

他には、音楽経験ないのですが大丈夫でしょうか?など心配ごとの質問が多いですね。当団は学校の授業でしか合唱をしたことがなかった、というような団員が大半です。お気軽にご参加ください。

---これから見学に来られる方へひとことお願いします。
もし見学に行こうか迷っていたら、とにかく、なにはなくとも、いらしてみてください。
団員全員が温かくお迎えいたします!
また、お腹をつかって声を出すと意外と体力を使います。日頃運動不足の人は特に、身体に良いことをしたゾという満足感を得られるのでオススメです。
気になることがある人は遠慮なく質問してください。見学申し込みの前の質問もお気軽になさってください。

----ありがとうございました!



\見学会のご案内/

10月27日(土)18時30分〜21時00分
野沢区民集会所
最寄駅:東急田園都市線駒澤大学

※他の(水)(土)の日程もどうぞご相談下さい♪


▽見学のお申込み▽
http://ph-ch.com/visit.html



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪

第6回演奏会終了、次の演奏会へ向け始動!

昨日は咲きかけた桜がびっくりするような雪の“春分の日”でしたが、

皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

こんにちは。ソプラノのまつちよです。

遅ればせながら第6回演奏会はたくさんのご来場を賜り、誠にありがとうございました。

 

お蔭様でフィル唱はこれまで5回のオーケストラコンサートを開催することが出来ました。

画像は毎回の演奏会でお配りしているパンフレット、そして団内で作っている演奏会の録音を収めたCDです。

f:id:phil_ch:20180322153703p:plain

後列左から

第2回演奏会 ハイドン  オラトリオ『天地創造

第3回 ベートーヴェン『合唱幻想曲』&モーツァルト『レクイエム』

第4回 ビゼー『テ・デウム』&プッチーニ『グローリア・ミサ』

第5回 ヘンデルジョージ2世のための戴冠式アンセム』&ベートーヴェン交響曲第9番歓喜≫』

そして、前列が第6回 ベートーヴェン『合唱幻想曲』(再演)&メンデルスゾーン交響曲第2番≪讃歌≫』です。

 

↓↓↓演奏会の音源をyoutubeで一部公開しております。宜しければぜひお聴きください↓↓↓

www.youtube.com

 

1回の演奏会で1000人近いお客様に来ていただいているので、

これまでで、のべ約5000人のお客様に歌を聴いていただいてもらっていることになるんですね。

舞台は聴いてくださるお客様があってこそのもの。本当にありがとうございます。

 

さて、フィルハーモニック・コーラスは次なる舞台に向かって動き出しています。

 

f:id:phil_ch:20180322155455j:plain

おなじみの肖像画ベートーヴェンが手に持っている楽譜にご注目ください。

 

 

はい^^、

次の演奏曲はベートーヴェンの最高傑作といわれる『荘厳ミサ曲(Missa Solemnis)』です。

 

既に新しい仲間も5名か加わり、水曜日と土曜日の夜、

世田谷の公共施設で練習しています。

 

演奏会を聴きに来てくださった方も、

今日のこのブログではじめて団を知った方も、

次は一緒に舞台の上で歌ってみませんか?

 

フィルハーモニック・コーラスは初心者中心の合唱団。

楽譜が読めないところから始めた団員が多数です。

 

参加するのに、予備知識や経験は要りません。

必要なのは、音楽に近づきたいと思う気持ちだけです!

初心者から始めた先輩団員がしっかりサポートします。

 

見学は3回が可能です。

団のことをじっくり知って、決めて頂けますので

どうぞ安心してお越しください。

 

直近の見学会は明後日

2018年3月24日(土)18:30~21:00

お申し込みは団公式HPのフォームよりお受けしております。

ph-ch.com

ご一緒できること、一同こころより楽しみにしております。