フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

ゆう

スピリトーゾ勉強会

フィル唱広報部のゆうです。 広報部では、『スピリトーゾ』と題する団内誌を楽曲解説資料として随時配布してきました。しかし、紙を配って読んでもらうだけではなかなか伝えきれないところもあり、また団員から様々な質問を受けることもありましたので、記事…

ラジオ番組で紹介されました

たびたび登場しております。ゆうです。 前回の第2回演奏会から1年半、ここまで準備を着々と続けてきたのに、その成果を聴いていただけないのはさみしいものです。 何とかして、多くのお客様に聴きに来ていただきたい。しかし、宣伝手法に関するアイディアは…

今度の土曜日は見学会です。

5月25日の第3回演奏会まで1か月を切りました。練習は追い込みに入り、演奏会を円滑に進行するための実行委員会の仕事も着々と進んでいます。 演奏会直前ではありますが、フィル唱では引き続き定例の練習見学会を行います。 2013-04-27(土) 時刻 18:30…

苦悩を通じて歓喜へ至れ

5月の演奏会に向けて、モーツァルトのレクイエムとともに練習している曲がベートーヴェンの「合唱幻想曲」です。ベートーヴェンの作品を歌うに当たって、私たちは他の作曲家の作品を歌うときとは違う一種特別な思いを感じます。 というのも、私たちフィルハ…

指摘してもらえることのありがたさ

2月9日は、粕谷区民センターにての練習見学会でした。 三連休の初日ではありましたが、この日も見学者をお迎えすることができました。 今回は、パートに分かれての練習を多く行いました。ピアノの前に集まって音取りをしたり、音階を付けずに歌詞をリズムに…

明日は練習見学会

明日2月9日は2月2回目の練習見学会です。 千歳烏山駅から徒歩10分の粕谷区民センターにて行います(千歳船橋駅からは京王バスに乗って芦花恒春園前バス停で下車。成城学園前駅からは小田急バスに乗って粕谷区民センター入口バス停で下車)。 広くて天井の高…

悔しい!

フィル唱の団員として活動していると、いろいろな気持ちを心にいだくことがあります。 すぐに思いつくものと言えば、「楽しい」です。 歌っていてハーモニーがきっちり決まったとき。 出席者が多く、厚みある響きの中に自分の声を合わせられたとき。 練習後…

今年を振り返る

お久しぶりです。ベースパートのゆうです。 いよいよ明日は大みそかです。私は実家に帰省してしまい、ブログの投稿ができなくなるので、今日の記事が私の今年最後の記事になりそうです。 今年もいろいろとありました。 1月〜3月 第3回演奏会の曲目がモーツ…

明日はクリスマス合唱体験

明日は、いよいよクリスマス合唱体験の日です。 http://www.ph-ch.com/xmas.html まだまだ申込みを受け付けております。 さて、明日はクリスマスにちなんで、讃美歌を歌おうということで、アメージング・グレイスという曲を練習します。メロディはよく知られ…

ミカエルの思い出

10月後半から11月前半にかけて練習したドミネ・イェス(主、イエスよ)という曲の歌詞中には、天使ミカエルが登場します。天使の中でも神に最も近い存在とされ、キリスト教文化圏では非常に崇敬されている天使です。マイケルさん、ミシェルさん、ミヒャエル…

24日は見学会

チャペルコンサートが終わって、早くも1か月が経ちました。 先日、実行委員会での反省会が終わり、早くも来年5月の第3回演奏会実行委員会を立ち上げる準備を進めています。 実行委員会を設けても、歌う団員が少なくてはどうにもなりません。 どんどん団の規…

毎日練習できるように

たびたび失礼いたします。ベースパートのゆうです。 先週の水曜と土曜の練習の模様をお伝えしたいと思います。 14日(水)は、松原地区会館での練習。 この日は、『レクイエム』の中の第9曲「オスティアス」と第10曲「サンクトゥス」の音取り最終日だったの…

「オザンナ」について調べる。

10月後半から11月前半にかけて私たちの団で練習しているサンクトゥスとベネディクトゥスという二つの曲の中にはHosana in excelsis(日本語に訳すと、「いと高きところに、ホサナ」)という歌詞が出てきます。ラテン語での発音は「オザンナ」です。 練習中に…

チャペルコンサートを振り返る―プログラムの話

チャペルコンサートが先月の13日に終わって、早2週間が経ちました。 私たちフィルハーモニック・コーラスは、チャペルコンサートでは歌わなかった『レクイエム』の中の後半の曲の音取りを再び始めていますが、少し戻ってチャペルコンサートのことを振り返っ…

チャペルコンサートのチケットの申込みについて(一部改稿)

チャペルコンサートのチケットについて、お知らせいたします。 10月6日の23時現在、残り座席が少なくなっております。 そのため、チケットの申込みをしても、お席の確保ができない可能性がございます。予めご了承下さい(10月5日の23時時点では残り座席が5席…

意外と知らない「主よ、人の望みの喜びよ」

バッハの作品で有名なものはたくさんあると思いますが、その中でもよく知られている曲はこちらだと思います。 この「主よ、人の望みの喜びよ」には私があまり知らなかったことが、いろいろありました。 1.歌詞がある。 まず、そもそも合唱曲だということ。…

「みいつ」とは何か

現在、私たちが歌っている曲は「レクイエム」の中の”Rex Tremendae”(レックス・トレメンデ)という曲です。歌詞はラテン語ですので、現代日本に生きる私たちには何のことだか分りません。せいぜい英語やフランス語で似た単語を思い出して意味を想像できれば…

つくつくぼうしの鳴く頃に

つくつくぼうしの鳴き声を聞くと、合唱の季節だなあと思います。というのも、私が通っていた高校では、9月頭に合唱コンクールがあったからです。そのことをちょっと書いてみたいと思います。 私の高校では、夏休みにも課外授業があり、平日はほぼ毎日通って…

くちびるに歌を

お盆休み。「読書でもしようか」と思う方もいるかと思いますので、本の話題を書いてみたいと思います。 ご紹介するのは『くちびるに歌を』中田永一著(小学館)という本です。くちびるに歌を作者: 中田永一出版社/メーカー: 小学館発売日: 2011/11/01メディ…

「間違えても大丈夫」って本当ですか?

私たちの合唱団では、「楽譜が全く読めない初心者の方でも大丈夫!」、「間違えてもいいからどんどん歌おう!」ということをよく言っています。「本当にそうなの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、本当にそうなのです。もちろん、楽譜…

原点を振り返る機会

7月25日は、代田南地区会館での練習。 私は、仕事の納期だったため、大きく遅れての参加となりました。既に会場に着いたころには練習終了の15分前。最後の仕上げで数回歌うときでしたので、そのまま自然に入室して歌いました。 平日の月末でしたので、出席者…

明日は東京都合唱祭に出演します

ブログ記事は団員の皆さんからいくつかいただいているのですが、今日はやはりこの記事を投稿しなくてはいけないと思います。せっかく記事を作成していただいた皆さん、ちょっと待っていてくださいね。 明日、私たちは、東京都合唱祭 http://www.jcanet.or.jp…

今日は練習見学会

6月30日。一年もここで半分終わりです。時の経つのは本当に速いもので、10月のチャペルコンサートや来年5月の第3回演奏会の日もあっという間に訪れるのではないかと思うと身の引き締まる思いがします。 そういう上半期の終わりの日に、練習見学会を行います…

久しぶりのパート練習

この前の日曜日には、久しぶりにベースパートでのパート練習をやってきました。 集まることができたのは私を含めた3人とピアニストとして呼んだアルトのリエココさんの計4人だけでしたが、中身の濃い練習ができました。 体操や発声を済ませた後には、まず…

空耳アワーから考える

野外合唱コンサートから1か月ほどが経ち、私たちの活動は通常営業に戻っています。野外コンサートでは、個人的に様々な課題が見つかり、今後の練習の励みになりました。コンサートでは多くのお客様から拍手をいただきましたが、今度は7月の東京都合唱祭、10…

間に合わなかった人の練習日記

練習日記では久しぶりの登場。ベースパートの「ゆう」です。 先月30日の練習は、下高井戸の松沢区民集会所で行いました。 私は、毎週水曜日は楽譜などを必ず持って出勤しています。この日も、6時過ぎに職場を出て7時の練習開始時から参加したいと考えていま…

スピリトーゾ編集の舞台裏

このブログをお読みの方で、「合唱曲を歌ってみたいけど、ミサ、レクイエムっていったい何なの?」、「ラテン語の曲なんか歌っていても、歌っている自分自身がよく分からないかも」と思っている人がいらっしゃるかもしれません。しかし、そんな心配は無用で…

合唱団員風結婚の祝い方

先週の土曜日、知り合いの結婚式出席のために神戸に行ってきました。そして、前にこのブログで書いたように、披露宴で新郎・新婦共通の友人数名で歌ってきました。その模様を今日は書いてみたいと思います。 準備編はこちらをご覧ください。http://d.hatena.…

神戸へ演奏旅行?

今年の1月、大学時代からお世話になってきた方より、「結婚することになったので、4月に神戸で行われる式に出てほしい」というメールをいただきました。なんと、お相手の方も大学時代からの知り合いでした。 旅好き、もとい、公共交通機関を使っての移動好き…

新年度最初の練習

4月4日(水)は新年度最初の練習でした。 この日の練習は、先月から歌っていた”Rex Tremendae”(恐るべきみいつの王)の練習の最終日。音取りや言葉付けも一通り終わったので、仕上げのような練習に取り組みました。例えば、一つのパートを二つのグループに…