フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

飲みうたいの夜。

昨日は朝から合唱団漬けでした。
まず起きたら演奏会の打ち上げ係関連のメールがいっぱい来てて、それに返信して、前の日にGさんから言われた資料をばりばり作り始めて、打ち上げ会場に行ってみんなと打ち合わせして、合唱の練習に行って、終わった後さらに打ち上げ係の打ち合わせを夜の公園でして・・・


夜の公園のベンチで打ち合わせをしていたときの事でした。
突然よれた格好をしたおっさんが、
ギターを持ってふらふらと近づいてきたのです。

そして本当に存在するのか疑わしいコードを押さえ、
リズムもへったくれも無いストロークで弦を撫でながら、
ハスキーな小声で歌い始めました。


・・
・・・
酔っ払いってかわいいね〜
タクシー代も飲んじゃって〜
酔っ払いってかわいいね〜
店のカラオケ採点で〜  点数良くて上機嫌〜
酔っ払いってかわいいね〜
・・・
・・


・・・・・・そうか。
決してうまくは無いものの、年齢を重ねた人特有の、無理のない丸みのある歌声。

しかし、変な人や知らない人に話しかけられたら、適当にあしらったり無視しなければいけないという原則がこのJAPANにはあります。

大学時代、居酒屋や合宿でちょいちょい知らない人に絡まれては先輩から注意を受けていた僕はその辺のOJTに抜かりはなく、ただちょっと面白かったのでとりあえず無視することにしました。

すると係のメンバーの一人がおっさんに対して「はい、はいっ」と合いの手を打ち始めたのです。

・・・いよいよ以って面白いけど、仕事が進まぬ。

リーダーとしてはきつく言っておっさんを追い払わなければいけない場面だけど、ネタは面白いし、でもやっぱりそろそろお腹いっぱいだなと思っている所で、もう一人の打ち上げ係メンバーの冷静な突込みもあり、僕はおっさんにお引取り願いました。



おっさんは、歌をやめた。
新曲だよ、売れそうでしょ、と言い残し、
次のお客さんの所へふらふらと向かって行った。

速攻で逃げられてた。
やはり、原則通りだった。

その後打ち合わせを進め、実行委員長のGさんにも会い、最後の話を詰めてお別れをした。帰りの電車の中では、今まで一度も話をしたことの無い団の人と話をして色々ちょっとびっくりしたりした後、守谷の自宅にチャリを漕ぎ着けた。

合唱団に入ってから、実にいろいろな事がある。
純粋な合唱漬けもいいけど、合唱「団」漬けも楽しいもんだ。
そもそも単純に歌だけ練習しても、経験上中々「いい歌」にはならない。
歌以外の全ての経験を経て、不思議とぐぐっと歌に味が出るのだ。
昨日のおっさん然り。



演奏会まであと少し。
歌も打ち上げの仕事も、最後にみんながおいしいお酒が飲めるよう頑張って、その結果自分の歌にもちょっぴり味が出るようになったらいいなと、昨晩思った次第なのです。


■演奏会詳細はこちらから!
http://ph-ch.com/sp/index.html