フィルハーモニック・コーラス ブログ

東京都世田谷区で活動する20代~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

演奏会3日前から出来るあれこれ

ぐっさん@演奏会実行委員長兼宣伝担当役員兼技術部副部長⇒ただの目立ちたがり屋です。中国語っぽい。

演奏会まであと3日になっちゃいました!!

はぁ。楽しみです。

さて、今日は演奏会3日前でも、いや3日前だからこそやるべきことを書いてみます。(大学時代の伝統を参考にしていますが、あくまでも独説なので個人差はあります。)

団員の方はもちろん、近々演奏会があって本番で力が出せないかもって人は参考までに見てください。

きっとどれかは上手くはまってくれるはず。

・楽譜チェックは夜寝る前に

みなさん、楽譜にはいろいろ書いてあると思います。

しかし、演奏会でそれを見ながら歌う事はまず不可能。チェックにチラ見するくらいなら出来ますが、本番のテンションではそれも難しいです。

そのため基本的には暗譜を心がけますが、記憶を整理するのは夜寝ている間。受験の暗記物なんかもこの時間にやるといいそうですね。

・本番の時間を意識した生活を

基本的に夜型生活のぐっさんなのですが、3日くらい前からは基本的に本番に合わせた生活をします。とりわけ起きる時間を歌う6時間前に設定すること。人にもよりますが、のどはお寝坊さんらしいですよ。

また、社会人だと難しいことですが、前日は7〜8時間寝たいところです。睡眠時間が少ないと小パニックを生み緊張につながるので、これも気をつけましょう。

・睡眠前に良いイメージトレーニングを

これは性格差が現れます。基本的には良いイメージを積んでおくと、本番もそのように体が使えるので、寝る前のリラックスしている時にイメージしておくといいでしょう。

しかし、ネガティブ思考に陥りやすい人は、本当に最低の想定までしておくと、本番あれだけの事はしないから大丈夫と開き直れるそうです(3人以上から聞いた克服法なのでそれなりの効果があるのかも)。

ちなみに最低な想定はした人の中には、上から照明が落ちてきてまるでオペラ座の怪人ばりの事故が起こって公演・・・縁起悪いんでこれ以上書かないようにしときます(実はネガティブ、ぐっさん)

・言葉の意味をかみしめる

歌をうたっていると、そのメロディの素晴らしさから、また、ドイツ語の美しさから意味を忘れがちになります。改めて今はどういう場面でどう歌っているか、これはどういう思いで歌いたいか。その思いはどう表現したらいいのか。楽譜を読み返すと同時に演奏会前に心の準備は整えておきましょう。

・演奏会は「楽しい」

演奏会が近付くと、楽しい気持ち半分、怖いといった気持ち半分な感じになったりします。

それはプレッシャーに弱い人ならなおさら。

でも、緊張するという事は良いことでもあります。緊張は緊張感でもあり、それは集中でもあるからです。

演奏会は集中した方がいい。でも緊張してしまうと声が震えてしまう。

それをストップするには、やはり「楽しい」気持ちをどこまで増やすか。方法はなんだって良いんです。

仲間の事を思う。

歌の素晴らしさを感じる。

オケの音を楽しむ。

お客様の顔を見る。

他にもいろんな楽しみがあると思います。

と。

ここまで、いろんな事を書きましたが、正直3日前から技術が爆発的にうまくなることはありません。

しかし、気持ち・思い・モチベーションは3日前だからこそ、成長していくものです。

そして、演奏会の成功の為に実に一番必要なものであります。

その気持ちを作るためには一つ一つ不安を消していき、一つ一つ楽しみを増やしていく事です。

自分の楽しみはもうマックスに近いです。

先日ゲネプロで舌をかみ、痛くて今日もあまりしゃべれない自分ですが、本番までにはなおします。

気合いで!!

ではブログを読んだ全てのみなさま、3日後の演奏会でお会いしましょう(^O^)/

■団員が8時間睡眠で臨む第2回演奏会「天地創造(Die Schöpfung)」のチケットお申込みはこちら。
 ※チケットは先着順・満席になり次第終了となります。
 http://ph-ch.com/sp/

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪