フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

私がフィル唱に入った理由 ベース「ゆう」の場合

 リエココさんが先日のエントリで「団員のみんながどういうきっかけで合唱を始めたのか気になる」と書いていたので、私もこの合唱団に入ったきっかけを書いてみたいと思います。連続投稿になりますが、時間のあるときにまとめて書かせてください。

 私は、社会人生活が始まって3年ほどしたころから「習い事がしてみたい」、「運動や美術は苦手だから、やるなら音楽かなあ」と思っていました。「好きなこと」というのは、散歩や旅行、読書などいろいろあります。でも、ただ楽しむというのではなく、仕事や大学までの勉強以外で何らかのスキルを身に付けられるものをやってみたいという思いがどこかにあったのです。
 また、姉の影響もあったかもしれません。姉は小さいころからピアノや書道などをやっていて、数々の賞を取っていました。一方、私は習字こそやりましたが、賞を取ったことはなく、音楽系の習い事も一切やりませんでした。そんな私は、家でピアノを弾いている姉の姿を横目で見て、勉強以外に何か得意と言えるものがほしいと感じていたような気がします。そして、音楽のスキルがある人をどことなくうらやましいと思っていました。

 かといって、学校の音楽の授業は好きな時間ではあっても、そんなに得意と言えるほどではありませんでした。また、小中学校の頃は、音楽の授業でまじめに歌うのが恥ずかしいような雰囲気でした。中高の合唱コンクールでも、音取りや高音の発声がうまくできずにクラスの足を引っ張る側だった気がします。高校や大学で合唱を始める機会もあったのですが、まったくの素人が入り込んでいいのか不安で、積極的に取り組んでみようとは思っていませんでした。そんなこんなで、「音楽に取り組んでみたい」という思いがあっても、行動に移すことが長らくできませんでした。

 そんな私の入団のきっかけは、とあるラジオ番組がきっかけです。TBSラジオで放送している「安住紳一郎の日曜天国」という番組を私はよく聴いているのですが、2008年の10月にパーソナリティの安住アナが、中学生の合唱に心を打たれたという話を30分ほどにわたってしていました。その模様はインターネットで配信しています。2008年10月19日放送「皆さんは熊本の合唱する中学生ですか?」
この模様を聴いていた私は、「これだけ人の心を打つ合唱ってけっこう奥が深いのではないか」と思い、少し関心を持つようになりました。そんなとき、mixiの日曜天国コミュニティにこの合唱団の見学会(当時は合唱ワークショップと呼んでいました)のお知らせが書き込まれているのを見ました。番組リスナーの団員が書き込んでいたのです。その方のページを訪れたところ、見学会のお誘いを受けました。見ず知らずの人が集まっているところにネット経由で入るのは不安で、「カルト宗教やマルチ商法の隠れ蓑だったらどうしよう」とも思いました。でも、興味があったので、思い切って2009年の5月下旬に行われたワークショップに参加し、普段の練習の様子も見学してその年の6月に入団しました。
 現在は、「歌に取り組んでみたい」という長年の思いをこの合唱団で形にすることができて、本当にうれしく思っています。今後も歌う喜びを見学会や演奏会などを通して多くの人に伝えていきたいです。

 11月19日、練習見学会を行いますので、みなさんぜひ来てください。

 http://classic.blogmura.com/chorus/
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪