フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

“おんがく”のおはなし。

“おんがく”は変化するもの。

こんばんは。フィル唱に入って、ちょうど2年を迎えたぐっさんです。
2年の間には、色々な出会いと別れがあり。
それと同時に色々な音楽が出来たなぁ。
成長したもんだなぁ、と思いました。

団のおんがくも変わりますが、同時に一人一人の“おんがく”もいろんな“おんがく”に変わるのです。

僕が大学時代に先輩から聞いた話でこんな話があります。


その話とは
「おんがく」は最初、“音”を単純
に“楽”しむ「音楽」であり、

そこから“音”を“学”ぶ「音学」になる。

学ぶ中でつまづいたり、上手くいかない時期が来て「音が苦」になってしまう。

でも、その苦を登って乗り越える事でもう一度「音楽」が戻ってくる。
そしてその音楽は一度目の音楽の数倍楽しいモノになって帰ってくる。

というお話。

今、フィル唱団員のみんなは何処にいるだろうか?
苦しい人もいるでしょうか?
新しく見学に来た方には、まずは楽しい所から入ってもらいたいです。

フィル唱は「音を楽しむ」事を前提に掲げています。
それはいつになってもきっと変わるモノではありません。

でも、
その目指す楽しさは4回目に来る楽しさでありたい。

学ぶことや、ましてや苦しい事は、辛い事かもしれない。いや、辛い事です。

でも、演奏会を素晴らしいものにしていくためには、それは欠かせない事だと思うのです。

これだけを見ると、見学が恐くなる方もいるかと思います。

でも大丈夫。
それは「仲間」がいるから。
決して一人ではないから。
そこが合唱のいいところだと思います。

昨年の一字となった「絆」という言葉は、ずっと使い続けたい言葉ですね。

今年は、
楽も、
学も苦も、
楽も楽も楽も、
なんもかんもみんなと分かち合って進んでいきたい。

もちろん沢山の人数で。

フィル唱は毎回の様に見学に来てもらっている団です。1月はまだ、5回の練習なのに、すでに10人くらいの方が見学にいらっしゃっています。

もちろん色々考えてからで大丈夫ですが、喜びは沢山の人数で分かち合った方が素晴らしいに決まってます!

是非一緒に歌いましょう!!

明日は、見学会ではないですが、何度もいうように何時でもウェルカムです。
ではでは、
見学お待ちしています(^ー^)ノ

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪