フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

2月18日練習日記 アルト全員集合の巻

こんばんは。リエココ@アルトです。

昨日は下高井戸の松沢区民集会所で練習でした。

いつもの練習日記と趣向を変えて、
今日はアルトのメンバの生の声(?)をお伝えします。

まずはYさん、先々週くらいに入団したばかりのニューフェイスです。

まだまだ音取りで精一杯な新人ですが、今回の「他のパートの音を聞く練習」はとても新鮮でした。
他のパートの音を聞くことによって、自分のパートのタイミングがわかったり、音の重なりを感じたり…。ハーモニーっていいなぁ、美しいなぁと改めて思いました。

昨日はベースとアルト、テナーとソプラノの2声で聴き合う練習を行いました。
Kyrieはいろんな細やかな旋律が絡み合ってますが、
旋律同士のつながりが発見できるような練習でもありました。

続いてはMたん!

他のパートと聴き合って歌う練習をしました。まだ私は自分のパートを歌うだけでも精一杯だったので、他のパートが今何を歌っているのか意識することができました。
あと、曲を通して歌い、レクイエムいい歌だと思いました。

他のパートを聴くのは合唱の醍醐味ですよね!
昨日は1曲目(Requiem)と2曲目(Kyrie)を初めて通して歌ったのですが、
通して歌った時にこの曲のすごさを感じた団員が多かったようでした。

続いてはK子さん。

土曜の練習は、モツレクとハレルヤをひさびさに歌いました!

レクイレムは、2曲目をひたすら歌いこみ。
アルトはベースと一緒に歌って、お互いの声を聞きながら歌う練習をしました。
意識してみると、所々音が重なるところがあって、何回も歌っていると響きが綺麗になっていくのが分かってきました。

今回も2時間経つのがあっという間で、思いっきり声を出すのが気持ちよかったです!

ほんと!昨日は私も2時間経つのがあっという間でした。
ハミングをいっぱいしたせいかお腹がいつもよりも疲れた!
けど一夜明けて心地よい筋肉痛です今日は。

そしてNやん。

テンポがすごくゆっくりの練習だったので、早いとついつい適当に歌ってしまう細かい音符のところがみっちり出来てよかったです。これを繰り返しやって、早くなっても自信を持って歌えるようになりたいなー。

そうだね!
Kyrieは細かい音符が続くのでついつい流れてしまいがちでしたが、
昨日の練習で曖昧なところを確認できて私もよかったと思います。
難しいところも繰り返し繰り返しが本当に大事ですよね。
繰り返すことでいつの間にかできるようになってたりするので。

さいごはブログでおなじみのいっちーさん。

1曲目のレクイエムからキリエまで通して歌った時、この曲の凄さが一瞬わかった気がして鳥肌が立ちました。あと、見学者の感想を聞いて音楽には色々なものを飛び越える何かがあるな、と改めて感じました。

「鳥肌」ってすごい、
けどほんとにそんな感じでした昨日は。
まだまだ2曲目ですが、全部の曲を歌えるようになったときに、
今歌っているKyrieもまた違うように感じるのかもしれません。

昨日練習に出席したアルトの団員は他にもいるのですが、
今日はこのへんで!

昨日の練習ではなんと2名の入団者が!
次回の演奏会に向けて、まだまだモーツァルトのレクイエムの練習は始まったばかり。
今ならまだまだ追いつけますよ!
なので、気になった方はお気軽に練習を見学に来てみてくださいね。
みんなで待ってます!あとアルトでも待ってます。

ではではまた〜


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪