フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

3月3日 練習日記

ソプラノのねえさんです。
初めての投稿です。

3週間振りに練習に出たら知らない人が沢山いて焦りました。
その内の多くが見学者だったと知ったのは練習後のミーティング。
ここで初めて、少しホッとしました。

この日は女声統括さんのお知り合いの指揮者の先生が指導してくださいました。
声が低いのにソプラノに居座っている私にとって、Introitus 17小節目の
Luceat♪ は難所なのですが、どうやらそう思うのは私だけはないらしく(ほっ)、
先生から「叫ばないように。(光が)照らしますように、という意味なのだから」
というような指導が入りました。
そこでイメトレ開始。
聖なる光・・・

思い浮かんだのは、チューリッヒのフラウミュンスター(聖母教会)のステンド
グラス越しに差し込む光。

何故シャガール
重力無視して歌えば、高音も楽々出るようになるよ、ってこと?
しかも、フラウミュンスターにはシャガールのステンドグラス見たさに行ったの
に、教会の名前覚えてないよ。
(帰宅して調べました)

シャガールモーツアルトと言ったら、N.Y. メトロポリタン歌劇場のこけら落
とし「魔笛」の衣装&装飾を手がけたことが有名ですね。
一昨年、上野で開催されたシャガール展では、その衣装デザインをプリントした
グッズが売られていました。
まんまと引っかかってTシャツとチケットホルダとごついクリアファイルを購入
したけれど、クリアファイル使ってないな・・・

あ、話が逸れました。モツレクの練習に話を戻します。
えっと、今後は気持ちシャガールで練習に臨むことにします。

が、Lacrimosaだけは例外。
日本のフィギア中継では殆ど無視されてしまうアイスダンスが好きなのですが、
大好きだったブルガリアのデンコワ&スタビスキー組の2007シーズンのフリーに
Lacrimosaが使われているので、この曲だけはスタビスキー君を思い出しながら
歌うことに今から決めています。
ニヤニヤしないように気をつけよう。

http://www.youtube.com/watch?v=IQO8bYFgJSo
Lacrimosaは1:23頃からです)

練習について書くはずが、個人的な思い出や好みの話になって収拾つかなくなっ
てきたので、この辺で終わりにします。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪