フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

3月17日練習日記 大の大人がスキップ!

こんにちは。アルトのいっちーです。
3月17日、練習の様子を報告します。

昨日は見学会でした。
あいにくの雨で足元が悪い中、3名の見学者をお迎えすることができました。
見学会以外にも随時、見学は受け付けていますので
いつでもお越しくださいね。

練習内容について。
モーツァルト「レクイエム」の中の、
Rex Tremendae という曲の練習を始めました。

こんな曲です(YouTubeより)
http://www.youtube.com/watch?v=0hUmWctPPu0

歌詞は付けずに、階名(ドレミのこと)でリズムを覚える「譜読み(リズム読
み)」。
次に音に高さをつけて歌う、という練習を繰り返しました。

ある程度、皆がリズムと音の高さを覚えてくると
フィル唱では必ず行う練習があります。

それは、「足踏みをしながら歌う」です。

本番でやったら怒られてしまいますが、
練習では、皆のリズムを揃えるために行います。
1、2、3、4、という曲の「拍」に合わせて足を動かすことで
体にそのリズムが馴染んで、皆の歌い方が不思議と合うようになります。

昨日は、その応用編。
「スキップするような足踏みで歌う」練習をしました!

大の大人が何十人も、スキップをして歌う姿。
はたから見たら、相当笑えたでしょうね・・・
歌っている私達だって、笑いがこみあげてきましたから。

フィル唱は、オーケストラと歌う曲を練習しています。
オーケストラと歌う時には、リズムが命!!なんですね。
沢山の楽器の音が鳴っている中、合唱のメッセージを伝えるには
各パートが揃ったリズムでピシッと!歌う必要があります。

この曲の「タン、タターン!」というリズムにはスキップがぴったり。
そのような深いわけがあったからこそのスキップです。
決して、頭にも春が来たんじゃないんですよ。
この練習の甲斐あって、最後の方はリズムを意識できる団員が増えていました。

・・・こんな調子で、フィル唱はいつでも明るく楽しく練習しております。
歌ったのなんて学校の授業くらい、という方でも大丈夫です。
いつでも練習を覗きにきてくださいね!
お待ちしています。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪