フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

ドレミのうた

 どーも、ぐっさんです。

 最近男声の見学者が多く、とっても嬉しいです。
 この前はテノールに3人もの見学者が来て、未経験ながらにも歌っていける人もいて、心強く感じました。

 さて、テノールには、楽譜を読めない人が結構います。
 長くいる団員でも、「何となくはわかるけど…」というくらいの人も沢山います。

 そんなテノールですが、一人当たりの声量だけなら半端ない!
 人数が少ない分、ソプラノには負けそうになりますが、一人一人の力は未経験者とは思えないパワーだったりします。

 その秘訣は!!!


という程の事は全くないのですが、テノールでは楽譜が読めなかったら、まずは耳コピでいきます。楽譜は歌詞カードくらいな気持ちで覚えてもらってます。
 クラシックで、楽譜がある、ってなると、みなさん楽譜に噛り付きになってしまうのですが、(もちろん後々勉強するに越した事はないですが)、まずは音を出す事から音楽は始まります。
 そこにはポップスもロックもクラシックも大差はないと思います。

 また、うちの団は最初に音を取る時に、階名(ドレミ)を読んで歌うのですが、楽譜になれない人はやっぱり読むのが大変だったりするので、ハミングでやってもらったりもしてます。

 でもこの階名で読む、と言うのは音を取るのが早くなるツールなので、分からない人にはリーダー中心で教えてきます。

 で、なんで階名が大事かっていうと。

 みんな、意外とドレミの感覚ってあるんですよね。

 そう、「ドレミのうた」です。

 この曲、1番は「ドーはドーナツのドー」.とかですが2番は「ドーレミードミードーミー」となり、最後は「ソードーラーファーミードーレー」などと、難しい動きまでします。

 この感覚は日本人であれば何となーくでも、思い出せるのではないでしょうか。

 この前、見学会の後の食事の時に、ふとこんな事を言ったら、見学者の方だけでなく、団員からも「そっか」と声が上がったので、書いてみました。

 フィルハーモニック・コーラスは未経験者大歓迎です!
 始めは緊張するかもしれないですし、見学会の日程によっては難しい日もあるかもしれませんが、分からない事は丁寧に教える風土があります。

 なので、ぜひ見学会http://ph-ch.com/visit.htmlに来てくださいませ。

 にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪