フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

銀色

 アルトのmarchです。

  今年はいつもより長めの梅雨ですね。
 今日も関東はしっとり雨が降っていました。雨はジメジメしてどんよりですっきりしませんが、恵みの雨です。夏野菜を美味しく頂くためにも降るべきときには降ってもらいましょう。

 雨の景色を見ると、 レ・ミゼラブルのon my ownという歌の一節を思いだします。

「In the rain the pavement shines like silver」
日本語訳では「雨の舗道は銀色」です。
 

 この歌詞を聴くと、どんよりしていた雨の景色が急にキラキラ輝いた世界に見えてくるから不思議です!
黒でも灰色でもなく、銀色。

 夏野菜のことしか考えていなかったわたしですが、このシンプルな歌詞は、雨の景色はとても情緒的で素敵だな、雨もいいな、と思わせてくれます。

 いま、私たちはヘンデルメサイア「Worthy is the Lamb - Amen」という歌を7/14(日)の東京都合唱祭にむけて練習しています。合唱で歌う時もひとつひとつの歌詞の意味を大切にして、心を込めて歌いたいと思います。

 
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪