フィルハーモニック・コーラス ブログ

東京都世田谷区で活動する20代~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

東京都合唱祭に参加しました!

こんばんは。リエココ@アルトです。
久々のブログ・・・思えばこの前に記事を書いたのは、
第3回演奏会のレクイエム紹介記事以来でした。

第3回演奏会から1ヶ月半!の7月14日(日)、
私たちは東京都合唱祭で、ヘンデルメサイアから、
終曲の"Worthy is the lamb"を歌ってきました。

いつもゆっくり音取りをし、何ヶ月も同じ曲にじっくり向き合う私たちですが、
今回初めて1ヶ月半で1曲を仕上げるということにチャレンジしました。

そのチャレンジをやりとげての団員の感想を今日はお伝えします。

まずはチームB、ベースのみなさん。リーダーのLeoさんはこう思いました。

普段より広い会場だと、回りの音の聞こえ方が違いますよね〜。少し戸惑いつつも、自分の前で聞いている方々に、しっかり声が届くよう心がけながら歌いました!

いつもは普通の広さの音楽室で歌っているので、ホールで歌う機会は貴重ですね!

広報部長のゆうさん。

1年前の前回に比べると、達成感がありました。しかし、課題が多かったのは事実です。今後は練習曲をじっくりと腰を据えて取り組むようにしたいです。そして、今度はもっと多くの人数で舞台に臨みたいです。

1年前に初めて東京都合唱祭に出場し、そのときも課題が山積みで気持ちを新たにしたことを今でも思い出せます。
あれから1年たって私たちは前に進んでるかな?と気づかせてくれる機会になりました。


ぐっさんはこんなふうに思いました↓

ただただ楽しかったです。今回はベースパートで「絶対みんなを支えたる」といった親分気質(?)で頑張りました。

楽しく歌えたなら何よりかと!
これからはその楽しさを聞いて下さってるお客様にももっと伝えて行けるようになりたいですね。

そしてチームA、アルトのみなさん。
まずはいっちーさん。

前半の言葉が沢山あるうちはまだ良かったのですが、後半amenだけで聴かせるには歌い込みが足りないなあと痛感しました。いつかリベンジしたいです。

言葉には本当に苦戦しましたね。レクイエムのKyrieのときのことを思い出しました。そしてamenのaで伸ばしすぎてあごが疲れてきたり・・・鍛え方が足りない!
この曲は本当に素晴らしい曲なので、私も次歌う時にもっとその素晴らしさに近づきたいです。

サブリーダーのMarchさん。

与えられた時間は1ヶ月半。短期集中で臨んだ合唱祭までの期間は、いい緊張感と、集中力、「自主練しなきゃ!」という自立心のようなものをひしひし感じた期間でした。なかなか練習に参加できず、かなりまわりのみなさんに助けてもらいました。いつもありがとうございます!昨年合唱祭に参加した時の反省点は「音楽を客席に届ける」という気持ちが欠けていたこと。一年間意識してきましたから、ちょっとは前進できたかなぁと思います。昨年よりも響いた歌声に聴こえました。今年の反省点はリズムでしょうか。リズム練習は地道ですが、これがあるとないではぜんぜん違います。さらにいい演奏目指しまして、練習していきます。そして、目標に向かって仲間とがんばるのはやっぱりいいなぁと思いました。舞台で歌うのは普段味わえないワクワクがあるのも楽しいです。この気持ちを一緒に味わえる仲間がもっとたくさん増えますように!

そう、もっともっと私たちは前に進めると思ってます。
仲間を増やして、たくさんの人とこの曲をまた歌いたいですね!

そしてソプラノのみなさん。
まずはMatsuIさん。

時間を掛けてひたすら何度も聴いて、寝言でも歌えるようになるって、地味だけどすごく大切なんだと思った。
歌う、楽譜読む、指揮を見るだけで歌えそうなものだけど、出来なかった。。

ほんとにそうなんです。
長い間同じ曲を練習すると正直「新しい曲をやりたいな。。。」と思うこともあるんですが、
そうやってじっくり曲に向き合うことで本当に体にしみついていくんだなと。
短期間で練習したのが今回初めてで、そのことが分かった、というか気づいたと言うのは私自身も今後に向けて大きな収穫だったと思います。

みんなのお姉さん、なおみセンパイ。

たくさんの団体が、年齢、性別、社会的立場に拘らず、合唱を愉しんでいる事を再確認し、同志として喜びと共に、もっと上手く、名曲を歌っていきたいと希望に満ちていく自分を感じました。しかし、世の中には名曲が沢山あるなぁ、レパートリーを増やしたいなぁと思います。勿論、一曲一曲の完成度も上げでいきたいです。

他団体の演奏をこんなにたくさん聞ける機会は東京都合唱祭くらいかと思いますが、いろんな団体がいて本当に刺激になりましたね。
いろんな曲に触れられたのもよかったですね。もっといろんな曲を歌いたいですが、センパイの言う通り、1曲1曲にじっくり向き合って行かねばなと思います。

そして最後はすみおさん。

都連に向けて、新しい曲を一月半という短い期間で練習するというスリリングな体験は若い団員の多いフィル唱ならではの試みで、私個人としてはとても楽しい経験でした。こういうことをやりましょう!と牽引してくれるリーダーがいて、それゆえ私はこの合宿団を愛しています。実は5月25日の演奏会後、ちょっと燃え尽きていました。でも新しいことにチャレンジする仲間の姿に力をもらいました。反省点は多々あれど、いつか全曲歌ってみたい!という気持ちを新たにしました。

合唱団愛に溢れたコメントがうれしいです。
演奏会が終わってから燃え尽きたのはきっとすみおさんだけじゃなかったはず。
ですが、みんなで短期間でやろうぜ!と前向きに練習できたのはやはり団の雰囲気あってこそだなと私も思いました。
これからもその気持ちでつないでいきたいですね。
そして私もメサイアは全曲歌いたいです!!!

さー明日も練習です。
明日8月3日は下高井戸の松沢区民集会所で練習します。
エルガーの威風堂々で知られる戴冠式頌歌。個人的には先週練習に行けず、久々の練習なので楽しみです。
たくさん歌うぞ。見学会ではないですが気になった方はぜひ見学に来て下さい!

ではではまた〜

 にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪