フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

8月7日 練習日記

 8月7日のフィルハーモニック・コーラスの練習場所は奥沢東地区会館でした。奥沢駅からすぐの会場だから、電車から降りて3分くらいで着きます。だけど自由が丘駅から歩いて練習に来る人もいます。自由が丘はおしゃれな町なので、歩いてくるのもいいな、と思いました。

 この日はとても暑くて、テレビでは「熱中症に注意」と言っていました。練習は夜7時からです。夜になってもムシムシして暑い日でした。

まずは体操と発声練習をして、だんだんと声がよく出るようになってきました。プールと同じで準備体操は大切だと思います。

練習する歌は「威風堂々」です。エルガーという人が作曲した有名な曲だけど、歌がついていることは知りませんでした。タイトルどおり堂々としたかっこいい英語の歌です。

この歌は出す声が高いところから低いところまであって大変です。高い音から急に低くなったりします。お腹の筋肉を使って響く声で歌えるようになりたいです。

英語の発音は難しくて舌をかみそうです。うまくできないところを繰り返し言ってみたり、上手な人にコツを聞いて練習しました。

リズム練習ではメロディーを手で叩いてみましたがみんなバラバラでした。あせって早くなってしまいます。何回もやっているうちに少しずつ揃ってきました。揃うと嬉しくなります。リズムの練習のあとに声を出して歌ったら、なんだかうまく歌えているような気がしました。

それから、「だんだんはやく」とか「とくにつよく」とか歌い方が音符の上に書いてあるので、その通りにできるように練習しまた。なかなかその通りに歌えなかったのでもっと練習して上手になりたいです。

最後はみんなで合わせて歌いました。みんな一生懸命歌っていました。

練習のあとはミーティングです。お知らせを聞いて、パートごとに今日の練習の復習をしました。今日はここができなかった、ここをもっと練習しよう、と輪になって話しました。

ミーティングが終わると何人かで夜ごはんを食べに行きました。練習のあとはお腹がすきます。ごはんを食べながら合唱の話をしたり、おしゃべりして笑ったりしました。

家に帰って練習のときに楽譜に書いたメモをもう一度見てみると「おなかをつかう」と書いてありましたので、筋トレをしてから寝ました。おなかがキュッと引き締まっていい声が出るようになったらいいなぁ、と思いました。

おわり


★夏といえば夏休みの絵日記、ということで日記風に練習の様子を書いてみました。(絵はありません)
ちなみに夏休みの宿題はためにためて8月31日に必死でやる派でした。

March

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪