フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

団結力

 どうも、ベースのtetsuです。二度目のブログ登場です♪

 2020年の五輪・パラリンピック開催地が東京に決まりました。インタビューを見ていて、招致に携わった人達が口々に関係者への謝意を述べている言葉を聞き、各々の役割を果たして団結し、入念・周到な準備ができたからこそ今回の成就があるんだな、という印象を強く抱きました。これは五輪に限らずあらゆる状況で大切なことだと思います。フィル唱が演奏会も同様で、ライブを成功させる為、表には見えないところで私も含め沢山のメンバーが多くの様々なことを行っています。フィル唱には、普段の練習のみならず、そういった水面下での準備をしっかり行い、大舞台に向けてガッチリ団結できる良さがあります。5月に行われた大演奏会では、その団結力が見事に結実し、約1,000名のお客様を前に気合十分・喜び満開で歌うことができました。その素晴らしい景色は私の心にも深く深く刻み込まれていますし、いち歌い手として大きなモチベーションにもなっています。

 というわけで、当団に入団検討中の方やご興味をお持ちの方へ一言。
 「めっちゃイイ景色が見られますよ!」

 さて、余談ですが、先日仲道郁代さんのピアノ演奏会を聴きに行く機会がありました。演奏の素晴らしさは言うまでもないところですが、その時のMCのコメントがとても印象深く…

モーツァルトベートーヴェンショパン…私は今までに、そういった素晴らしい作曲家の曲を沢山弾いてきました。私は時々ふと、その名作曲家達がどんな想いで多くの名曲を作り遺していったのだろう?と考えることがあります。これは私なりの推測ですが、皆、"夢"を
託そうとしたんじゃないかな、と思います。」

 …確か、そんな趣旨のことを仰っていました。私自身も、フィル唱での練習を通して素晴らしい名曲に触れ、「夢のリレー」の一員として音楽に携われていることを有難く思っています。だからこそ、単なる歌唱練習のみに終始せず、常に心のどこかに"熱"を宿した歌い手でありたいのです。

 芸術の秋。いっちょ頑張ってみますか♪

 にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪