フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

NHKホールドオン出演作戦 3.いよいよ収録日

 先週月曜の11月18日、私が出演したNHK「連続クイズ ホールドオン」http://www.nhk.or.jp/holdon/が放送されました。

 
 フィル唱のことを多くの皆さんに知っていただくために、いかにしてテレビ出演にまでこぎつけたのか。収録に至るまでの過程を体験記として何回かに分けて書いています。

 今日は、収録日の話です。

 収録日の数日前に番組から手紙が届き、集合時刻が17時過ぎだということで、午後から家を出て、行きつけの床屋さんで紙を切ってもらいました。この床屋さん、演奏会や団員募集のチラシを貼っていただいているところで、大変お世話になっているのです。私が、今日テレビの収録がある旨を伝えると、なんと普段はやってくれないフェイシャルエステをやっていただいたのです。合唱団以外の方からの応援もいただき、いざ渋谷へ向かいました。

 ハチ公前で職場の先輩方と落ち合い、センター街をひたすら歩いてNHKの西門へと向かいます。スタジオパークなどがあって一般の方が多くいるところとはかなり離れています。千代田線の代々木公園駅の方が近いそうです。
 玄関を入り、入構証をもらうと、早速控室に通されました。

 控室には既に何人かの出演者が入っています。私が出演する第289回の出演者とその次の第290回の出演者の計8名が同じ部屋に通されました。
 部屋に入ってびっくりしたのは、みんな人見知りをしないこと。「この人たちは初対面ではなく、既にどこかで知り合いになっているなのではないか?」と思うほど気さくにしゃべっています。私は圧倒されました。
 しばらくすると、スタッフの方から収録の手順や注意事項について説明がありました。クイズのルールはもちろんのこと、勝つためのアドバイス、収録を円滑に進行するために気を付けてほしいことなどが説明されます。立て板に水の説明だったので、メモをとるのも忘れていたほどです。

 説明が終わると、前の回の収録が終わったスタジオに通され、立ち位置などをチェックします。このときカメラ写りのチェックが行われ、解答者が付ける名札の位置について指示が出たり、背の低い解答者の下には踏み台を置いたりしました。
 タッチパネルを使って解答する問題もあるので、このときにタッチパネルを押す練習もします。このとき希望する人はスタジオ内で記念撮影ができます。
 以上でリハーサルは終わり。着替えが必要な出演者は更衣室に急いで向かうように指示されます。私は、フィル唱の演奏会でいつも着ている礼服と銀のネクタイを大慌てで身に付けました。着替え終わった頃には応援の皆さんはスタジオの観覧席に入っており、もう始まるのを待つばかりとなっています。緊張を感じる暇のないまま、最後にメイクさんからドーランを塗ってもらい、ついに本番となりました。
 
 長くなったので、今日はこのへんで。
 ここまでお読みになっていただき、ありがとうございます。
 ホールドオンのことを調べたくて、このブログが引っ掛かったという人もフィルハーモニック・コーラスのホームページをついでにちょっと見ていってくださいね。お願いします。ちょうどいいことに、今度11月30日は練習見学会ですので、フィルハーモニック・コーラスの方にも興味を持ったらぜひ来てくださいね。 
 http://www.ph-ch.com/visit


にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪