フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

小演奏会2014を終えて 

 小演奏会2014が終わり、2週間以上が経ちました。現在、私たちは10月の第4回演奏会に向けて『グローリア・ミサ』の続きの練習に取り組んでおり、また、第4回演奏会に向けての反省点の洗い出しを進めています。小演奏会を終えて感じたことを団員に募ってところ、何人かの方から感想を寄せてもらったので、ここで紹介したいと思います。

 まずは、アルトのマリリンさん。

雪の中で沢山の方が聞きに来て下さって嬉しかったです。
また、威風堂々のアルトが、皆が一つの気持ちになれて、とても気持ち良かったです。

 続いて、このブログでもおなじみのテナー(小演奏会後はベースに移籍)のぐっさん。

今回の演奏会は、組曲の中で一番盛り上がる場面の曲ばかりを集めたいわば「ザ・ファイナル」といわんばかりの構成で、歌い終わった後の満足感と疲労感がいつも以上でした。
記録的な大雪の中でも来てくれたお客様にも感謝!記憶に残る演奏会になりそうです。

 そして、私ゆうの感想。

来ていただいたお客様からは、「プッチーニビゼーの作品に、このような合唱作品があることを知って驚いた。10月の演奏会には人を誘っていきたい」というありがたいコメントをいただきました。とはいえ、音楽を究めていくことには終わりはありません。技術的にはまだまだ未熟ですし、創り上げたい音楽のスケールの割には団の規模が追い付いていません。まだまだ道半ばです。
 演奏会の進行という面では、私は演奏会実行委員長という大役を仰せつかりました。至らないところはたくさんありましたが、団員1人1人の頑張りがあって、何とか演奏会を成し遂げることができたと思います。演奏会の実行体制について、今回の小演奏会を通していくつもの課題を見つけることができましたので、10月の第4回演奏会に向けて、もっと成長していくように精進していきたいです。


 まずは3名の感想をお送りしました。今後、また集まり次第、このブログで紹介したいと思います。次回は、初めてフィル唱の演奏会の舞台に上がった人からの感想を載せたいです。

見学会情報はコチラ
見学会でない日も随時歓迎です◎)

団員募集FQA & 見学申込みはコチラ

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪