フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

団員紹介ブログ6「歌えないから合唱団に入ろう♪くらいのノリで始めました」テナーhouseさん

今日もフィルハーモニック・コーラスのブログにお越し下さいましてありがとうございます。ソプラノの沫千代です。

 

「合唱団に、見学に来てみない?」と友達を誘ったときよく言われるのが、

「もともとみんな歌が得意な人たちなんでしょ?私は無理無理!声、出ないもん!」

という誤解。

 

はい。誤解なんです。

 

もちろん入団前から一人で歌うのも、みんなで歌うのも、大好き!という人もいますが、

 

むしろ「音楽は好きだけど、一人で歌う自信はないからみんなと歌う、というところから始めてみたい…!」というひとが結構多いというのがちょっと意外な真実です。

 

そこで今回は、「合唱団に入るまでは人前で歌うのを断固として拒否していた」という異色の団員の紹介です。

 

団員プロフィール

ベースHouseさん

2009年10月に入団。SEとして働く30代前半。学生時代はテニス部、バドミントン部に所属。特技は囲碁、将棋。SF映画や漫画、アニメが好きで、アニメソングや映画・サウンドトラックをよく聴き、クラシック音楽に興味を持たのはフィル唱に入ってから。好きな映画作品は「第5惑星」「スクリーマーズ」。好きな食べ物は豚骨ラーメン・すし・梨・よだれ鶏

 

 

---合唱団との出会いは2009年?

いえ、実はその1年ほど前に合唱団の発表会を聴きに行っていました。

     

---なるほど。どうして合唱のコンサートを聴きに行こうと思ったのですか?

社会人になって、会社の先輩にカラオケに連れまわされるようになったのがすべての始まり。

当時歌うのがすごく嫌いだった私は、歌える曲がなかったため、中学の合唱祭(学内)で歌っていた曲を数曲引っ張り出してカラオケにこもりで歌えるように練習しているうちに、合唱が聴きたくなって、たまたま見つけたのがフィル唱の発表会でした。

 

---その時は、入団しようと思わなかった?

その時は合唱を聴く事が目的だったので、始めることは考えていませんでした。

でも聴きに行った後も数ヶ月カラオケに一人で籠って合唱曲を歌うことを続けているうちに、1人で歌う合唱曲に物足りなさを感じ、混声の合唱団で歌ってみたいと思うようになりmixiで探し始めました。

この時は歌うのは相変わらず嫌でしただが、1人じゃないからいいか。ってノリでした。

(もし声が出すぎた場合は、声を抑えて周りより出ないようにしよう。などと姑息なことを考えていました)

 

---mixi!懐かしいですね。当時いろいろな合唱団が団員募集の書き込みをしていましたが、フィル唱のどこが気になって見学に来ましたか?

合唱団が沢山あることを知り色々悩んだのですが、同年代のほうが打ち解けやすいと思ったので、若い人が多そうな団を探しました。そして結局は1度発表会を見に行ったところからあたることにしました。

 

---フィル唱に見学に来た時の印象を教えてください。

そのころの私は、今よりもかなり人とのやり取りが苦手で…そんな私からしてみると、

やたらと話しかけてくるのでどう対処していいかわからなかった…(笑)ただ、悪い人たちではないということだけは伝わってきました。

 

---フィル唱で合唱をやろう!と思った決め手はなんでしたか?

 見学に参加してテンションが上がっていたため、ノリで入りました。(笑)

何かあればすぐやめればいいか。と思っていましたし。

 

---入団当時はそんな感じだったhouseさんも、今年でフィル唱9年生ですね。ベースのパートリーダーまで務め、今はテナーに転向し、ベース、テナーとも経験されていますが、それぞれの魅力について聞かせてください。

 

ベース:

 基盤・支えのイメージが強いです。

 団の中で音取り音源()を作っていますが、ベースの音が無いと全体的にふんわりした曲になること多いです。 見せ場は多くありませんが、合唱には必要不可欠な存在です。

 

テナー:

 とにかく高い。

 メロディーを歌うことが多いので派手なイメージが強いです。

 まだテナーになってから10ヶ月ほどしか経っていないなので、まだ知らないことが多いですね。

 

---これから見学に来られる方へひとことお願いします。

とりあえずやってみませんか?(笑)

 

---ありがとうございました!

 

-------------------

※音取音源とは?

Houseさんがインタビュー中でお話していた、音取音源ですが、オーケストラと合唱が楽曲を実際に演奏している録音音源から自分が歌うメロディを拾って聴き分けてみようとすると、かなり難しいことがわかります。

 

第九:演奏音源

www.youtube.com

2016年2月21日 フィルハーモニック・コーラス第5回演奏会より抜粋

 

そこでフィル唱では、4つのメロディをそれぞれをPCに打ち込んで音楽データにし、団内で配布。普段の生活の中で聴いて曲を覚える助けにしています。楽譜が読めない人も耳から覚えられるから安心です◎

 

第九のベースパートの音取音源

www.youtube.com

※こちらは当団作成の物ではなく、youtube上に一般公開されていたものをお借りしております。

 

「見学に行こうかな…?」という段階で、やり通す覚悟とか、知識とか、そういったものの心配をされる方が多いのですが、大丈夫です。それはフィル唱とご縁があれば、続けるうちに自然と備わっていくものです。なので見学の時の持ち物は、少しの好奇心だけでOKです! Houseさんみたいに、歌うことが人生に欠かせないものになる、なんていうこともあるかもしれませんよ!

 

▼合唱団詳細▼

http://ph-ch.com/

▼見学のお申込み▼

http://ph-ch.com/visit.html

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪