フィルハーモニック・コーラス ブログ

世田谷区で活動する20~30代中心の混声合唱団 フィルハーモニック・コーラス

第7回演奏会メインビジュアル

本日もフィル唱のブログにお越し下さいまして、ありがとうございます。

ソプラノの沫千代です。

 

先日より合唱団公式WEBサイトでお知らせしておりますとおり、フィルハーモニック・コーラスは、次回演奏会で13年の活動に幕を下ろすこととなりました。これまでのご支援、誠にありがとうございました。

 

さて、最後の演奏会となる第7回、

そのメインビジュアルが完成いたしました。

 

 

f:id:phil_ch:20190417232801j:plain

 

デザインはグラフィックデザイナーの後藤圭介さんです。

f:id:phil_ch:20190418000036j:plain

出典元:http://outsightgraphics.com




後藤さんは、実はフィル唱の元団員(!)。

 

楽譜が読めないところからフィル唱に入団し、
テナーパートの一員として楽曲に取り組む側ら、

 

本業であるグラフィックデザイナーとしての

手腕を惜しみなく発揮してくださいました。

 

また、出来上がったチラシを、

街の飲食店に置いてもらったり、

区営の掲示板に貼り歩いたり・・・

 

という地道な宣伝活動も、

後藤さん自らが先陣を切って

行動してくださいました。

 

そんな後藤さんを見て

みんなも奮起して一層頑張れましたし、

それが今につながっている

と、私は思っています。

 

f:id:phil_ch:20190418001439p:plain

写真左と、その隣パンフレットが後藤さんの作品。チラシ・ポスター・チケット・プログラム装丁・オリジナルCD(団内記念品)をデザイン統一するのも後藤さんのアイディアです。

現在、後藤さんはご多忙で

団を離れられましたが、

 

以降、一緒に練習して楽曲に近づく団員が、

想いをこめて

演奏会のトータルデザインを手がける

というのが団の伝統となりました。

 

 

そのことから、

 

「最後のトータルデザインは、是非、後藤さんに」

 

とお願いしたところ、

 

「こんなお話を頂けて、光栄で、本当にワクワクします。」

 

と、快諾して下り、冒頭の画像のような、

素晴らしい作品を作って下さいました。

 

 

尚、後藤さんに、今回の作品の着想を伺ったところ、

 

レオナルド・ダ・ビンチ「最後の晩餐」からインスピレーションを受け、

13個の球体はキリストと弟子を表していて、

金色がキリスト、黒がユダだそうです。

f:id:phil_ch:20190417234810j:plain

出典元:ウィキペディア

現在第7回演奏会チケットは

ぴあ・イープラスなど各種プレイガイドでも好評発売中ですが、

 

フィルハーモニック・コーラス公式WEBサイト

チケットご購入フォーム」より

お申込みいただきました方には

後藤さんデザインの

「オリジナルチケット」をお送りしております。

 ぜひこちらご利用くださいませ。

 

たくさんのお申込み、お待ちしております!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

フィルハーモニック・コーラス第7回演奏会

 2019年6月30日(日)15時開演

ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」

チケット好評発売中 http://ph-ch.com/7thconcert/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
★「いいね!」と思ったら、こちらもワンクリックお願いします♪